スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

組織の腐敗

 相撲界に限らず、組織というのは自然に腐敗するものと思います。「嘘つきは泥棒の始まり」などと言いますが、小さな嘘、些細な不正を見逃すことが徐々に組織内に蔓延して組織を蝕んで行きます。
 平和な時代には平和なりの腐敗をしますし、有事の時にはそれに沿った形で腐敗をします。いつの世でも組織の腐敗は組織の内部において水面下で深耕しています。その腐敗が組織の外まで発覚するかどうかはその時代の風潮が大きく影響していると思います。
 最近、腐敗が発覚して表面化する要因は<思想哲学の多様化>、<通信手段の発達>、<長引く不景気の影響>などが考えられます。その腐敗を正すことの難しさは誰しも理解しています。人は組織の波に流されるのが普通です。組織に属していると小さな嘘や不正が当たり前になってしまいますから。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。