スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

羽生ビジネス

 羽生さんの著作が相次いで出版されています。「結果を出し続けるために」日本実業出版社刊は羽生さんが自身の講演を元に書いた著書です。他にも対談集なども出ています。将棋の指南本以外のものが多いのも特徴です。羽生さんが忙しさは格別です。本業の対局数が多いことは毎年のことです。そして講演依頼も数知れず、マスコミの取材も多いですし、将棋イベントにも頻繁に駆り出されます。
 いずれにしても羽生さんが動けばお金になるという状況らしい。将棋界のドル箱です。あの大山名人も多忙を極めて対局中が研究時間とよく言われました。
 そんな忙しい羽生さんですから研究する時間は他の棋士と比べて大変少なく不利と言えるかもしれません。羽生さんの大ファンの私にとって今回の竜王戦は大変に残念な結果でした。羽生ビジネスの面から見て永世七冠が達成されなかったために得られなかった経済効果はいかほどであったかと。
 しかし、来年以降、再び羽生さんの挑戦が始まるかと思うとあっさり七冠達成するよりトータルで経済効果は高い。さすがに羽生さんも読みが深い。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。