スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

大雨で通勤にも大打撃

 梅雨明け直前の大雨により通勤時間帯のJRが大幅に遅れていました。駅のホームに駆け上がった時点ではまだ大した混乱もなく停車中の電車がドアを閉めようとしていました。次の電車を待つ人々は車掌さんの「次の電車を利用下さい!」というアナウンスを聞き入れて誰一人として無理に乗り込もうとする人はありませんでした。
 私は乗り込むことが可能でしたが日頃からマナー委員を自認する身ですので静かに次の電車を待つことにしました。ところが次の電車は待てど暮らせど来ません。ホームは人で溢れてきました。
 大幅に遅れてやっと来た電車は超満員です。ドア付近で降りる人と乗り込む人の小競り合い。先ほどの電車を待つ人々のマナーの良さはどこにも見られない。各ドアに群がる人が一杯です。遅刻できないサラリーマン。試験に遅れるわけにいかない学生。大事な商談がある営業マン。切羽詰まった車掌さんはドアを閉めることができずに電車がますます遅れることになりました。
 えっ私?私は仕事の予定が詰まっていなかったので車掌さんがどう解決するかと高みの見物です。東京のラッシュ時には各ドアに駅員が後ろから押すのが通例です。JR西日本ではあまり見掛けません。神戸市の三ノ宮、地下鉄御堂筋線ぐらいでしょうか?
 車両の中で苦痛に耐えるのも辛いですが、いつになったら電車に乗れるのかわからないままホームにウロウロするのも辛いです!ドアが閉まらなくてスタートできなくてさらに遅れてしまうなんて無駄を発生させないようにこうい場合は駅員を増強して後ろからしっかり押して下さい!

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。