スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

お酒はほどほどに

 6月30日のNHK<ためしてガッテン>は参考になりました。私はもともとお酒は強くないと自覚していました。しかし、お酒を飲んで顔が赤くなるのは血の巡りがいいからだと思っていてさほど気にしていませんでした。
 この放送では顔が赤くなる人はアセトアルデヒドを分解する力が弱いためで特に食道がんのリスクが異常に高いとのことです。そして酒量が多くなればリスクは比例して高くなり、煙草を吸う人はさらに危険になるらしい。<若い頃はお酒が飲めなかったけど訓練して飲めるようになった>という人は一番要注意らしい。
 禁煙したのは30才前後の頃、体に合わないのでやめました。お酒も体に合わない?のでやめなくてはならないのかもしれません。<弱いけど嫌いではない>というのが始末に困りますね。私はお酒は嫌いではありません。弱くて嫌いなら話は簡単なのですが……。
 そういえば<ゴルフも下手なのに好き>、<将棋や囲碁も強くないのに好き>など始末に困ることが多々あります。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。