スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

柴又旅行記

1.帝釈天参道
 東京出張の折り、寅さんで有名な葛飾柴又に行きました。京成電鉄柴又駅を出ると寅さんの銅像があります。海外からの観光スポットにもなっています。おそらく日本の四季折々や日本人の人情を伝える映画として海外でも人気があるのでしょう。帝釈天までの参道には「とらや」を初め食べ物屋や土産物屋さんが並んでいます。この「とらや」は映画のモデルでもあり、実際にロケの時には渥美清さんが連日訪れた座席は永久欠番になっています。この参道も帝釈天も多くの観光客で一杯です。男はつらいよ人気の始まる前にすでに人の集まる場所であったにしても現在の賑わいは映画の効果が大きい。

2.矢切の渡し
 映画の最初や最後によくでてくる場面は江戸川の川原のシーンです。ここでも何度もロケが行われました。そして矢切の渡しの渡し船は今でも健在です。もともとは交通手段としての渡し舟だったと思うのですが今や観光スポットとして存続しています。片道100円。伊藤左千夫の小説「野菊の墓」の別れの舞台となっており、歌謡曲「矢切の渡し」も多くの歌手が歌っています。細川たかしさんが一番有名で「細川たかし識」の碑がありました。

3.山本邸
「この辺りにはかつて川魚料理の老舗があり多くの文人が訪れた」と矢切の渡しの案内に書いてありました。なるほど別れの場所として有名ですが、風光明媚のスポットでもあります。
 山本邸はもともと寅さんとは直接の関係はなかったようですが、現在山本邸も寅さん記念館も東京都葛飾区が経営をしています。この山本邸の庭園は桂離宮と並ぶ日本3名園の一つと言われ、日本庭園ランキング調査で4年連続ベスト3に選ばれたとのこと。寅さんを巡る旅で庭園でゆったりと抹茶を頂くという予想外の展開になりました。

4.寅さん記念館
 さて寅さん記念館に入ると寅さんの生い立ちとその時代背景を人形劇で紹介しています。映画ではあまり触れられていないかもしれません。手のつけられない腕白坊主であった寅さん。戦争に駆り出される父親。妹さくらとの別れ。そして20年の音信不通の後の再会。涙を誘う場面です。そして名場面としてスクリーンで4場面を映し出しています。労働者としてツナギを着て張り切っている寅さん。メロンを巡って寅さんが家族の人数に数えてもらってないことに怒った寅さんの大騒動シーン。何回見ても笑ってしまいます。寅さん検定にもチャレンジしました。また48作すべての予告編の放映もありました。48作の重みを感じる記念館でした。

5.エキストラの思い出
 昭和49年の大船撮影所。当時、横浜で苦学生をしていた私は様々なアルバイトをしました。一番の思い出は松竹大船撮影所でのエキストラでしょうか。丁度その日は男はつらいよ第15作寅次郎相合傘の撮影でした。なんと私は後年に名場面となるメロンを巡る大騒動の撮影現場に遭遇しておりました。真剣に演じる役者さんの迫力に圧倒されていました。休憩時間に渥美清さんや浅丘ルリ子さんを間近に見ることもできました。渥美清さんは休憩時間は物静かにスタッフやエキストラの人に声をかけたりして何とも言えない味が滲み出ていました。

6.後日談
 私の出番はこの場面の少々後の通行人でした。友人と連れ立って<通行人>を見るために映画館に足を二度も運びました。出演料は映画代に消えて何のためのアルバイトかわからなくなりましたが最高の思い出になりました。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。