スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

羽生さんの居眠り

 週刊文春に羽生さんの居眠りについての記事がありました。有馬温泉での中村六段との王座戦第二局。羽生さんの手番にて羽生さんがうつろうつろの居眠り状態だったらしい。結局この勝負は羽生さんが勝って一勝一敗。自分の手番であっとも挑戦者の手番であっても持ち時間をどのように使うかも対局者の自由です。問題は相手に失礼か否かですね。
 もし、大山名人が若手棋士を相手に居眠りしたとしましたら、番外作戦か?と突っ込みが入ったに違いありません。

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

大相撲の遠藤活躍

 大相撲で一番の話題は売り出し中の遠藤です。今日は負けて9勝4敗になりました。新入幕で勝ち越しどころか、優勝の可能性もあったのですが、この1敗で優勝はなくなりました。
 日本人の優勝も数年間遠ざかり、日本人横綱の誕生も長らくありません。大いに期待したいと思います。出世が速くて髷(まげ)も間に合わず、四股名も本名です。
 体操競技で10代の恐怖心がない時に難しい業を体得してしまうとか、格闘技や将棋などの勝負事で相手に貫録負けする前に実力が追いついてしまう……似たようなものを感じます。

▲PAGE TOP

NISA?

 少子化も格差社会も経済優先の刹那的な政策が招いた弊害かと思います。最近、盛んにCMを流している金融機関のNISAは胡散臭い!庶民に投資させて経済成長を目指すという悪徳商法に思えてなりません。リーマンショックの引き金となったサブプライムローンと似た雰囲気を感じます。古くは生保会社の変額保険というのもありました。庶民を巻き込んで利益を上げようという金融機関の思惑が透けて見えます。それを放任する政治が醜い。投資は余裕のある一部の人が余裕のある範囲でやればいい。庶民を巻き込むのはいかがなものでしょうか?格差社会を作っておいてさらに苦しみ抜いた庶民に投資させたり、ギャンブルさせたり……。これでは犯罪を助長し、貧困を増やし、ますます少子化となって経済成長が遠くなる~という悪循環になります!庶民にリスク背負わせて経済を活性化しようというのは完全に間違っています。日本人の精神構造に悪影響を及ぼしていることが一番許せない。「汗水流さずに金を儲ける」というのは間違っていると日本の子供たちに教えたい。

▲PAGE TOP

会津、越後紀行

ロングドライブ新記録
秋の三連休。長男の慶事のこともあって福島県の会津若松そして越後湯沢の貝掛温泉に車で行ってきました。台風が来ることがもっと前からわかっていましたら旅行行程も見直しも、車で行くことは取り止めたかもしれません。台風発生を知ったのは旅行開始の直前の13日でした。台風18号は16日あっという間に全国各地に大きな被害をもたらしました。特に地元の大津市、京都市、福知山市、小浜市の被害を旅先のテレビで知ることになるとは……。結果としては計画通り、宿泊は新潟経由で会津若松、新潟貝掛温泉でした。最終日は長距離ドライブの疲れを考慮して途中富山にて宿泊して帰る予定でしたが、一日繰り上げて新潟から540kmのロングドライブにて無事に帰ってきました。この540kmも私には新記録です。また4日間の走行距離は1600kmというのもかつてなく、この年になって記録を塗り替えることになるとは!

大内宿
 出だしの3日は予定通りでしたが、道中は台風情報を確認しながら、常に予定変更を検討しながらハラハラヒヤヒヤ、のんびり温泉にという計画からほど遠い神経をすり減らす旅になりました。そんな状況でしたが、会津の大内宿はぜひとも行きたいと思っていました。大内宿は最近では人気が高く、江戸時代初期に整備された日光から会津に抜ける日光街道沿いの宿場町です。茅葺の農家が今では「重要伝統的建造物群」として「土産物屋さん」「そば屋さん」となって観光産業の主柱になりました。NHK大河ドラマ「八重の桜」との相乗効果で福島県の中でも一、二を争う観光地になっています。そんなわけで連休中の駐車場への道路の渋滞が予想されました。ところが台風が近づきつつある中、すんなりと行けましたのは台風効果で不幸中の幸いでしょうか?江戸時代にタイムスリッピしたような錯覚に……というほどではありませんでした。

貝掛温泉
 貝掛温泉へはまさに台風18号の影響で道中行けなくなる可能性がある中、早朝朝飯抜きで出発しました。「日本秘湯を守る会」の会員宿だけに道中危険も伴います。道路状況を宿に電話で確認しますと「一級国道からすぐ近くですから大丈夫です」と力強い返答でした。この言葉に勇気づけられましたが、雨は強くなってきますし、途中の河川は溢れんばかりの水量です。事実、国道17号からの距離は短く、秘湯の宿としては一番の便利さでしょう。そしてなんとか旅館にたどり着いたのが午前10時です。通常ならばこんなに早い時間にはチェックインはできないのですが、事情をわかって頂いていましたので快く迎えてもらいました。「無理して来なくても良かったのに…」とは思われなかったと思いますが……。
 貝掛温泉は目にいいと評判です。緑内障の疑いで経過観察中の私としましてはかねてより、チャンスをみて…行って見ようと考えていました。源泉にて目を洗うのが一番かと思いますが、「メグスリノキ」というお茶とか目にいい飴もありました。最近では九州熊本の日田温泉やら奈良県の十津川温泉が大雨で大変な被害にあっているのも記憶に新しい。全国的に大雨の被害が拡大しているこの頃です。温泉宿のわきを流れる谷川の水位は高く、轟音とともに濁流が流れています。そして「お客さん、駐車場が危険になってきましたのでお車を玄関前まで避難させて下さい」と。ン~車だけならいいのですが、この建物はどうか?あの濁流に飲まれはしないか?すぐ裏の山は崩れて来ないかとか。心配になりました。この温泉の歴史は700年というのが売りのようです。700年だから大丈夫とは限りません。「観測史上初」という話が珍しくも何ともない昨今の気象状況ですし。
 そしてたった今、通ってきた国道は雨量が基準値を超えて通行止めになったというニュースが入りました。まもなく高速道路も通行止めに。来ることができたことを喜ぶべきか、来てしまったことが不幸の始まりなのかこの時点では知る由もなし。
 ますます不安になりながらもせっかくの憧れの温泉ですから、まずは露天風呂に入ることにしました。なんと露天風呂に雨水が流入して「熱めです」とかかれた看板にも関わらず、なんとぬるい。いたしかたなく内風呂で目の保養に専念することにしました。
 そして翌朝、濁流は嘘のように清流に変わっていました。台風一過の道を岐路につきました。道中の千曲川は水位も高く濁流です。やはり秘湯の河川は上流にあるから清流への変身も早いのでしょう。
そんなわけで日頃の心掛けがいいものですから、素晴らしい旅となりました。こうして旅の記録を書いていられることを感謝しなければなりません。

▲PAGE TOP

リニアに乗りたい

 リニアの開業が2027年。いよいよ現実になってきました。「東京五輪に合わせられないか」とか「名古屋、大阪間と同時開業できないか」など様々な議論も上がっています。私は2027年には72才です。生きていればですが……。飛行機には乗りたくないがリニアには乗りたい!のが本音です。でも冥土の土産話に一度乗れば十分です。トンネルが90%で旅の楽しみも10%のようです。山梨、岐阜もしくは長野などの空気のいい場所に住んで用のある時だけ都会に出かけるという生活も風流でしょうか!72才。第二の仕事も終えて仙人生活をどこで過ごすか……、やっぱり琵琶湖畔の大津で十分でしょうか?

▲PAGE TOP

こども将棋講座開催

これまで子供たちへの将棋を教える活動を様々な形で行ってきましたが、今回は幼稚園児から小学校三年までの子供たち23人を集めて駒の動かし方からたっぷり二時間教えました。先人の教えに従いまして一番前に駒の名前もわからない子供たちを座らせて、ある程度指したこともある子供たちは最後列に配置。真ん中は駒の動かし方はわかる程度の子供たち。
一番前の子供たちを中心に教えることを固く決意していましたが、どうしても、後ろの方から元気よく手が上がります。そして教える内容がいつの間にか高めになってしまいました。反省点は将棋の面白さを伝えることができたかどうか、将棋好きを増やすことができたかどうか?今一歩だったかもしれない。
将棋普及をしている皆さんの多くの意見は「最低限駒の動かし方は覚えてから参加して」です。やはり、レベルを合わせて子供たちを集めるのが一番のポイントでしょうか!

▲PAGE TOP

プロ野球

 今シーズンの結果がほぼみえてきました。日本シリーズが巨人VS楽天となるかどうか?さて我がドラゴンズ。「CS出場に向けて、まだ可能性がある!」と監督の談話です。ペナントレースで大きく負け越して日本一を狙う?なんだか寂しい。

▲PAGE TOP

終業前にネットで雨雲の様子と交通機関の運行状況を確認して会社を出ます。傘を持ち歩いて雨上がりに忘れてくる確率100%。そのたびに家内に叱られています。
昨夕は重厚な雨雲が兵庫県から京都滋賀方面に近づいていることを確認して会社に置き傘を持って帰宅と決意をしたのですが、ついうっかり持たないで出てしまいました。案の定、降り立った大津駅はどしゃぶりです。駅の売店の傘は525円。そうだ!近くに100円ショップがあったはず。うろうろ探してやっと105円の傘を購入して外へ出ましたら、雨はほとんど上がっていました。
その後、用事を済ませて自宅に帰る寸前に寄った先に傘を忘れてきたことに気がつきました。さすがに雨上がりの忘れる確率100%です。そして「また家内に厳しく叱られる」と恐怖に怯えました。あっ!最初からすべて黙っておけばいいんだ!

▲PAGE TOP

新記録に期待

  ヤクルトのバレンタイン選手。王さんのシーズンホームラン記録55本まであと一本に迫りました。今年から選手の皆さんには黙って跳ぶボールに変更されていたことが明らかになって大騒ぎになりました。セリーグの投手が工夫が足りないという指摘もありました。最下位に低迷するチームに所属していることがホームラン量産に有利だったという見方もありました。過去にカブレラ選手とローズ選手が王さんの記録に並ぶホームランを打ちながら、王さんの記録を追い抜けませんでした。正確には敬遠のフォアボールで追い抜くことを許されなかったという方が正しいと思われます。
 武士道の潔さとはかけ離れた日本のプロ野球における寂しい負のエピソードになっています。正々堂々と勝負をして打たれて誰がその投手を責めるというのでしょうか?その投手自らが「汚点を残したくない」という小さな根性としか思えません。偉大な王さんに気遣ってでしょうか!?もちろん記録を持っている王さんはそれを望むような方ではありません。もし日本人選手が王さんの記録に迫ったとしたら、相対する投手は正々堂々と勝負したと思います。つまりは日本人の島国根性でしょう!今回勝負を避けた投手がいたとしたら、「末代までの恥」と記憶しておこうと思います。

▲PAGE TOP

本日は誕生日

  本日、59才になりました。五体満足に生んでもらってこの年まで生きてこられたことにまずは感謝しています。どんなに頑張ったとしてもあと20年か30年しか持ち時間がありません。「嗚呼!いい人生だったなあ…」と死んでいくには今をどう生きるかが大切なのではないかと考えています。これからますます元気はつらつってわけにはいきませんし、これから、リスクの高いことで一山当てようとか、苦手なことに一からチャレンジしようと言うのは無謀というものです。自分のやりたいことをやりながら後を繋いでくれる若者が出てこないかと思うのがよろしくかと思います。そのためにも自分自身が楽しんでいくことが第一と考えています!
 高校ラグビー時代のキャプテンが先週、食道がんで亡くなったと昨夜知りました。頑強ななやつでした。

▲PAGE TOP


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。