スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

名人戦決着、羽生さん2年連続敗退

羽生さん。A級順位戦にて圧倒的な好成績を引っ提げて2年連続の名人挑戦でしたが森内さんに1―4で敗退しました。同じようなことが数年前にもありました。竜王戦にて渡辺竜王に対して2年連続挑戦して敗退でした。
さて絶好調だった羽生さんを迎え撃ち、調子を狂わせた森内さんの強さに脱帽です。森内さん。流れを変えるのがうまいのかもしれません。第六局は宝塚対局が予定されていましたが、関西のファンは少々残念です。

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

「自分は運がいい」と思って生きる

 昨日は「運」に頼らない生き方が大切と書きました。一方、「自分は運がいい」と思っていることも大切なことと思います。「自分は運がいい」と思っている人が本当に運がいい人とは限らない。不平不満の多い人とか、欲張りな人はおそらく「自分は運が悪い」と思っています。
  あの米長さんは勝負師の大切な要素として運がいいと思っていることを上げています。「自分は運がいい」と思う心は感謝の心です。

▲PAGE TOP

運に頼らない生き方

「将棋」「囲碁」「チェス」に共通するのは盤面がすべてであり、運の良し悪しが入り込まないゲームであることです。一方、「麻雀」「トランプ」は愛好者からは「実力がものをいうゲームである」と反発が予想されますが、「牌」「カード」が伏せられているわけですから偶然とか運不運の要素が大きいと思います。その他「パチンコ」「競輪」「競馬」などすべてのギャンブルは偶然を前提としています。
  さてそれでは何故、偶然の要素が大きいものに人は吸い込まれて行くのかを考えて見ました。それは「自分は勝つ」思っているからでしょう。「自分は実力がある」、「自分は運がいい」と思っているからです。例え負け続けていても「今度は勝つ」という信念を持っているからと思います。
 さて子供たちにいかに教育するかなんですが、「ギャンブルは大人になってから」とか、「ギャンブルは勝ち越している人の方が少ない」などと教えてもうまくいかないでしょう。子供の頃に「運に頼らない生き方」を教えることが一番と思います。まさに「将棋」や「囲碁」のような実力だけがものをいう世界を知ることに意義があります。

▲PAGE TOP

膨大なCM費用は誰が負担しているのか?

 テレビのCM費用は間違いなく製品単価に上乗せされて我々消費者に負担を強いていると思います。大量に流されるCMの業種別の動向を見ていますと、一頃は「化粧品」「医療保険」。現在は「スマホ」やら「携帯ゲームサイト」が多いように感じます。商品開発に費用がかかるが一旦商品化されますと売れれば売れるほど利益を産む…という構図が見えます。何はともあれ一消費者として賢くあらねばと切に思います。

▲PAGE TOP

動物実験

 化粧品大手の資生堂が製品開発上の動物実験を全面的にやめたというニュースがありました。その背景にはヨーロッパ市場での動物実験を実施しているメーカーの製品を輸入しないという方針があるようです。
 これまで日本の化粧品会社が動物実験を続けてきたことに対してマスコミはほとんど報道しませんでした。一説によりますと莫大なCM料金を支払っている大お得意先に配慮したらしい。

▲PAGE TOP

50m走のタイム

 今58才ですから半世紀近く前の話です。小学生の時の50m走の私の記録は9秒1でした。クラスの中でも結構早い方でした。ネット上には今の小学生平均値などが載っています。なんと平均値が8秒4とか。半世紀の間に子供たちの体力も伸びたということなのでしょう。高校生の時にはラグビーをしていて足には自信がありました。6秒台の前半でした、今の高校生の平均より少しいいのが自慢です。(どうってことないか!)
 そして今、走ったとしたらどのくらいでしょうか?小学生にも勝てないでしょう。

▲PAGE TOP

「落とし所」の語源は?

 「落としどころ」の語源はゴルフと思っていました。ドライバーショットではあまり使われませんが、アプローチショットではどのような曲線をイメージしてグリーン上のどの辺りにボールを運ぶか?そこから「落としどころ」という表現が使われ出したのではないかと。
 さて戦国時代の小説の和睦交渉の会話に「落としどころ…」と出てきましたが、語源がゴルフでしたら、おかしいかと思います。語源を知ることもこれまた楽しい。

▲PAGE TOP

名人戦

 名人戦羽生さん1勝3敗と辛い展開になりました。順位戦の戦いぶりが好調だったことから見ましても中身が良くないのが信じられません。一方森内名人は他の棋戦の勝率は低くても名人戦になると強いという評価が定着しました。第五局が愛知県豊田市、第六局が兵庫県宝塚市の開催予定です。羽生さんの巻き返しに期待する声も大きい。

▲PAGE TOP

オシャレなインテリア

 チェスの駒はゲームをするために存在する…ではなくてオシャレなカフェに似合うインテリアとして飾りたくなるようなしゃれたものが珍しくない。最近では将棋の駒にも同様なセンスのいい駒が市販されています。囲碁やらオセロもしかり。形から入るとか道具から揃えて「さてこれから、趣味にするか?」というような女性がいたらうれしい!

▲PAGE TOP

自動車メーカーのCM

 最近見た自動車メーカーのCM。 中身に驚きました。車そのものの広告ではなく若者たちに「免許を取りましょう」とアピールしていました。根底に若者たちの車離れに対する危機感があるのでしょう。免許を取ったとしてもマイカーを買うとは限らず、また自社製品を選んでもらえるとは限らない。
 このCMの評価は深謀遠慮なのかピンぼけなのかわかりませんが、車を持つことよりも別の楽しみを見いだした若者たち。その背景には「あきらめ」もあるような気がします。自動車メーカーは経済的に車を持たない生活を選択せざるを得ない格差社会に目を向けた方がいい。

▲PAGE TOP


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。