スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

羽生VS渡辺

 竜王戦1組の第一回戦で羽生さんまずは一勝しました。そして絶好調の渡辺さん。挑戦中の王将と棋王と奪取して三冠になっているかもしれません。羽生さんVS渡辺さんの三冠対決の可能性があります。さらにどちらかが名人戦挑戦者になりそうですから、三冠VS四冠の可能性もあります。いずれにしても竜王戦の挑戦者に羽生さんがなりますと永世七冠がかかっているだけに盛り上がると思います。

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

このコーナーのタブー

 「政治」「宗教」「営業」の話題はタブーという不文律があります。特定の政党や政治家を応援するとか、特定の宗教をお勧めするとか、特定の商品を紹介するのがなぜタブーなのか?あらためて考えてみました。
 基本的に共通して言えるのは『利が絡んでいるのではないか?』という視点です。つまり、例えばある政治家の応援をするのはその政治家の事務所で働いているとか、その政治家の主張や政策が自分の利益となるとか。その宗教組織に所属していて信者を増やすことでクライが上がるとか、教祖様と仲良しでお小遣いをもらっているとか。その商品の製造メーカーの株式を大量に保有しているとか、販売代理店をしていて手数料収入が入るとか。要するに「利が絡んだ情報は正しい面と正しくない面が混在しています。
 もう一点は『思い込みによるものではないか』『好き嫌いの判断によるものではないか』という視点です。常々自戒しているのですが、部分的な情報を基にして偏った判断をしてしまうことは陥り易い落とし穴です。私利私欲に囚われたわけではなくても「勝手読み」「独善」「思い込み」などで誤った情報提供をしてはならないと思っています。

▲PAGE TOP

旅亭紅葉の閉館

 観光地琵琶湖の一つのシンボルでした『旅亭紅葉』が今月末に幕を閉じます。すでに遊園地『紅葉パラダイス』は20年以上も前に閉鎖となっていました。名古屋にいた子供の頃、テレビにて『紅葉パラダイス』のCMが頻繁に流れていたのが懐かしい。祖父の遺品の中に『旅亭紅葉』からの手紙が残っていてわかったことですが、この辺りは昭和の初期には大津市白玉町と呼ばれていました。現在はこの地名は残っていません。関西からはもちろん、名古屋方面でも観光地・琵琶湖が人気が高かったのでしょう。
 さて閉館に当たって「従業員に退職金を支払う余力のある内に決めた」と経営者の談話が新聞に掲載されました。また県内企業の採用担当者の声として「しっかりとした教育を受けている旅亭紅葉の従業員ならばぜひ採用を考えたい」という話が紹介されています。我が家から歩いて5分の「旅亭紅葉」の跡地には何がてきるのか興味があります。競艇とか競輪はすぐ近くにあるのですが、観光地・琵琶湖を復活させるような活用を期待しています。

▲PAGE TOP

お正月の風景

 お正月は親戚が集まり、大人が子供と遊んだりするのが一般的でした。そこには「かるた」「百人一首」「トランプ」「双六」そして「囲碁」「将棋」「五目並べ」…など。各家庭を確認したわけではありませんから正確なところはわかりませんが、想像しますとこのような「日本の文化を伝えて行く」光景が2~30年前と比較して明らかに減少しているのではないかと心配です。いつも忙しい母親も働き盛りの父親も親戚の叔父さんも正月だけは遊んでくれました。子供ごころにうれしかったと記憶しています。

▲PAGE TOP

家電メーカーのリストラ

 家電メーカーが地デジで大騒ぎしてテレビが好調だったのはつい最近のことでした。経済とか家電業界にど素人の私でもこの反動が来ることが予想できました。あの時の利益は誰がどのように甘い汁を吸ってしまったのでしょうか?そして今になって従業員の大量リストラには全く理解できません。先に先が読めなかった経営者が責任を取るべきではないでしょうか!

▲PAGE TOP

「将棋を孫に伝える会」の新年の抱負

 新しい年を迎えることができましたこと大変うれしく思います。「将棋を孫に伝える会」といたしましてもさらなる発展を目指して行きたいと思います。まずは「解けてうれしい詰将棋」につきまして原点に一度戻ってみようと思います。
 ①当初は「フリーペーパーとして子供たちに無料配布する」というスタイルを思い浮かべてスタートしました。そういう意味で10冊580円でした。「毎月の580円は社会貢献の意味でご負担を願います」というわけです。この精神を今一度、皆様にお伝えして行きたいと考えています。「フリーペーパー」という精神を復活させて行きます。
 ②「盤と駒による世代間ーコミュニケーション」盤と駒による子供たちへの普及が大きなテーマです。携帯ゲーム機によって子供たちが強くなることを目指しているわけではありません。盤と駒のリサイクル活動の推進を進めて行こうと思います。ご家庭で不要になりました盤や駒をご提供下さい。「将棋を孫に伝える会」から被災地を中心にして児童館やら老人施設に寄贈して行きたいと思います。

▲PAGE TOP

都市型ホテルの価格破壊は社会に貢献したのだけれど

 相次ぐ低価格の新規参入で安くて快適な都市型ホテルが増えました。その価格破壊をもたらした経営者は社会に大きな貢献をしたと高く評価されていいと思います。しかし、違法な建築の問題や助成金を搾取して評価を下げて話題にもなりました。
 そんな中で先日、ある都市型ホテルに最近宿泊した時に「社会貢献」や「寄付」をアピールしたチラシが置いてありました。「本音はどうなの?」「一度落とした評価は簡単に取り戻しできない」「大丈夫かなあ?」。「人の振りみて我振り直せ」いろいろと思いが過ぎりました。

▲PAGE TOP

新年に思う

 新しい年になりました。自民党に政権が戻って株価は上昇中のようですが、現実は厳しい雇用情勢が続いています。リストラという話も身近な人から聞こえてきます。他人事ではありません。しかし、上辺だけの励ましの言葉も空しさが増すばかりです。私には具体的に仕事を紹介できる手づるもなく、自分の無力を恥じています。その人は英語はお得意です。また東日本大震災の際は真っ先にボランティアで仙台に駆け付けるなど人間的にも立派な方です。このような人をリストラする会社はいったいどんな人事政策を考えているのか?と大いに疑問を感じます。
「会社が倒産して失業」というなら理解できますが。遅かれ早かれこの会社は人材枯渇して傾くに違いない。
いずれにしても日本はどこか狂っていると思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。