スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

ロンドン五輪

 ロンドン五輪のバドミントンで無気力試合が問題となって4チームが失格しました。そのお陰で日本の藤垣ペアが銀メダル獲得しました。その不祥事の煽りで女子サッカーの佐々木監督が予選リーグにて引き分け狙いの指示をしたことが微妙に話題になりました。 
 スポーツや勝負事の世界では時折、話題となるこの種の話ですが、「正々堂々」とか「フェアプレイ精神」とか「スポーツマンシップ」とかの大原則は「何のためにやるか」を考えたら自然に結論が出るはずです。佐々木監督は日本の女子サッカーをここまで育て上げたという点で大いなる貢献したと思います。しかしながら、引き分け狙いは少々味噌をつけました。バドミントンの無気力試合がなければ…話題にならなかったと思います。八百長とか手加減とか純粋にその道を極めようとする人間にとっては無縁のものでなくてはなりません。米長哲学はまさに正しいと思います。
 佐々木監督を擁護する声もあります。「それも戦略」「指示を的確にメンバーに徹底して引き分けを実現した統率力」などなど。佐々木監督の「何のために」は「勝ち進むこと」「メダル獲得」なのでしょうか?「メダル獲得による経済効果?」……。私としては佐々木監督の「何のために」は「メダル」や「勝ち負け」ではなく「やまとなでしこ」の皆さんに大和魂という伝統を植え付けることであってほしい。
 別な話ですが、100m、200mで圧倒的な強さで金メダル獲得のウサイン・ボルトさん。その強さには脱帽なのですが、予選では全力ではなく、明らかに流しているという感じでゴールしました。あの予選の余裕はあれでいいのでしょうか?一緒にレースをしている人に失礼ではないかと思います。全力を尽くさないのはスポーツマンシップと言い難い。
 話は戻りますが、引き分け狙いで勝ち進むことを優先するようなチームに伝統など根付かない。何年か後には再び低迷期に陥るに違いありません。そして「あの頃は強かった」と佐々木監督の評価が上がってその時の監督は評価されません。何はともあれ佐々木監督には米長哲学を勉強してもらいたい。

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

関西の奥座敷有馬温泉

 転勤直後の週末。関西の奥座敷、有馬の湯に行ってきました。「道後温泉(愛媛)」、「白浜温泉(和歌山)」と並んで日本三古泉の一つとも言われており、日本最古の温泉と称されています。
 太閤の湯殿館は以前も入館したのですが、再び訪れました。有馬温泉の歴史が勉強になりました。秀吉は10回も有馬で静養しました。かつて交通機関がなかった戦国時代に大阪城と有馬を行き来するだけで疲れてしまいます。実は私も10回ぐらいは有馬で癒されていますが、なんと贅沢なことでしょう。
 前回には飾ってなかった「マーライオン」ならぬ「アリマーライオン」の像には笑いました。またアジア系の外国人観光客が多いように感じました。有馬は木工玩具も有名なので土産物屋さんも覗いてみました。将棋の駒はありませんでした。汗だくでしたので「銀の湯」に入浴してソバを食べてから帰ることにしました。
                              

▲PAGE TOP

羽生さん1200勝

羽生さんが1200勝。史上5番目の勝ち星を上げました。歴代一位はあの大山さんの1433勝です。順調に行けば数年以内に新記録達成となります。健康に気をつけて頑張ってもらいたいと思います。歴代三位の加藤一二三九段は1308勝です。72才ですけれどまだまだお元気で現役です。加藤先生はきっと先に大山さんの記録を抜き去ることを狙っています。
 それにしても最近の羽生さんは強い。ただ、名人戦とか竜王戦の大一番に結果が出ていません。名人戦に強い森内さん、竜王戦を勝負所としてきた渡辺さんに痛い目にあってきました。秋から始まる王座戦は羽生さんが渡辺さんに挑戦します。大変楽しみです。

▲PAGE TOP

東京を去りました

実は先週、東京の単身寮を引き払いまして大津に引っ越しいたしました。転勤辞令で大阪勤務となりまして大津の自宅から通勤することになったのです。
 サラリーマン生活35年目になりました。あと二年あまりですが、最後のご奉公と頑張ろうと思っています。なお、『将棋の普及』はこども達の精神教育のため、日本の将来のために重要との認識をしています。引き続き尽力したいと思っています。学業、スポーツ、精神教育のバランスが大切と思います。
 定年後に何に生きがいを感じるかはひとそれぞれですが、収入云々とか損得勘定とかを度外視してやりたいことがあるということは大変幸せなことと実感しています。そしてそれが多少なりとも社会に貢献することになるとしたらやりがい生きがいを感じます。
 東京を去るのは寂しい気もします。新しい第一歩を踏み出した気がします。

▲PAGE TOP

詰将棋本発売

羽生善治監修で角建逸さんの『はじめて詰め将棋』が発売となりました。内容は1手詰と3手詰ですが、手筋の解説が充実しています。また煙詰やらミクロコスモスが手順までは解説されていませんが、図面が載っています。入門書なのに名作の紹介がされているのが凄い。
森信雄七段の『ちょっと手強い7手詰200題』は即決で購入して解き始めました。表紙に「詰将棋マスター森信雄」とありますが「詰将棋マスター」とはいかなるものでしょうか?
それはさておき、さすがに詰将棋の森先生です。アクロバット的な三手詰が表芸として七手詰もお得意のようです。京都新聞日曜日掲載の15手前後の作品にも期待しています。
不景気の中、出版界も低迷が言われていますが、「将棋の入門には詰将棋」という定跡が定着しています。そして何と言っても詰将棋本は根強い詰将棋ファンに支えられています。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。