スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

紛れがスパイス

 必死作りに燃えているこの頃です。詰将棋も同様なのですが、どうしても私の作は<紛れがなくて作意がミエミエ><簡単!>と酷評されてしまうような気がします。
 特に必死の場合は解答者は直感で作意が発見できて、その後に詰手順は確認・・・・・ような気がします。紛れを込めた出題が課題と認識しています。性格が真っすぐで素直ですから意図的に紛れ筋を織り込むということは苦手なのですね。

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

常識人?の集い

先日、出張にて上京の折、詰将棋を趣味とする人々とちょっと遅い新年の宴がありました。詰将棋収集のA氏、古棋書研究のI氏、フェアリー詰のO氏、初形曲詰のK氏という面々です。詰将棋の世界の人の共通点。昔は将棋が強かった(今も強くなりたい)。将棋界やプロ棋士の出来事は気になる。詰将棋マニアやプロ棋士には奇人変人が多いが自分は常識人と自認しているなどなど。ともかく楽しいひと時でした。

▲PAGE TOP

やってしまいました

 実はつい先日、 <必死問題>の自信作として数名の実力者の皆様に必死問題を提供しましたら、大変なことに読みぬけがあって不必死と判明しました。詰将棋は機械チェックで<不詰>でご迷惑をおかけする可能性はほとんどないのですが、必死は危険です。今回、特にある方は相当時間を投入されたようでした。誠に申し訳ありませんでした。
 素人は<必死>には手を出さない方がいい?そのための<詰みか必死かそれとも・・・>コーナーなんですね。

▲PAGE TOP

郷田さん寝坊で不戦敗

竜王戦1組で郷田さん寝坊で不戦敗。なんでも前日明け方まで眠りに着けず、眠りについたら今度は目覚まし時計で起きられなかったらしい。一番の迷惑は新聞社が棋譜に穴が開いてしまうことでしょうか?プロとしてあってはならないことではありますが、対局の前日に眠れない~というところは理解できます。気持ちが入り過ぎてしまったのでしょう。サラリーマンでも仕事の悩みで眠れないとか、明日はゴルフでうれしくて眠れないとか誰にでもある話です。落語に出てくる話です。《昼寝が趣味》の男。明日は休みでゆっくり昼寝ができると思うとうれしくてうれしくて…。日本将棋連盟では処分を検討しているとか。なにとぞ寛大に。

▲PAGE TOP

必死の機械チェック

必死作を機械チェックできたらいいのにと話題になるのですが、私は時々活用しています。必死図をいきなり解答を求めたり、余必死順を発見したりという訳には行きませんが、局面を動かしながら<詰めろ>になっているかどうかの確認をしたりしています。よくあるのは必死図のつもりが機械の答えが<3手詰>。

▲PAGE TOP

寝ても覚めても・・・

詰将棋創作や必死創作をいつ考えるか?よく質問されます。満員電車とかトイレとか、自由のない時が多いです。最近は寝る前とか朝の目覚めの時が多くなりました。枕元にはメモとボールペン。考えるのはすべて頭の中です。盤上で駒を動かして・・・ということはありません。ただし、頭の中でできた問題を紙に書いてじっくり見直すと11手詰のつもりが簡単な3手詰であったり、あれれっ角が3枚あったり・・・日常茶飯事です。特に必死の読み抜けが多いです。必死については機械チェックができないのが大きなネックです。アマ強豪のKさんが私の作った必死を即座に解いてさらに余必死や必死逃れの筋をチェックして頂いております。誠にありがたいです。

▲PAGE TOP

森信雄七段またまた勝利

竜王戦6組。森信雄七段が神吉六段を破って2勝目。6組優勝に向けて驀進中。ロートルの躍進はうれしい。いっそのこと勝ち進んで挑戦者になって欲しい。森先生応援してまっせえ~。

▲PAGE TOP

ゲーム理論

必死は<待ち駒>として嫌われる面があるかもしれません。しかし対戦ゲームでは相手が最高に嫌がることをするのが最高の手段ですから当然のことです。囲碁でも将棋でも強い人とやって局面が悪くなると心の中では<何と腹黒い・・・・>とつぶやいている私です。

▲PAGE TOP

判断に迷ったときは・・・・

もう20年近く前、私がバリバリの若手ビジネスマンの頃でした。ある得意先の方が<迷った時の判断基準>として<1>将来どっちがいいか?<2>公共にとってどっちがいいのか?を考えて判断しなさい。と教えていただきました。
  この方は長年銀行マンとして勤務した後、定年前にあるメーカーに出向されていましたが、60才を前にして惜しくも亡くなられました。とても民間企業の社員の考え方とは思えず、びっくりしました。今でも心に深く残っています。
  さてさて政治家やお役人の皆さんはどうでしょうか?本来民間にはできないことを長い目で日本の将来を考えて行動してもらいたいものです。

▲PAGE TOP

普通名詞?商品名?

最近のCMで思うのは<普通名詞>なのか商品名<固有名詞>なのか、なんだかわからないままに<○○○が不足している>とか<△△△が体にいい>などと声高に連呼されているように思います。
  芸能人が自分では常用していないのに○○○で健康になったと真顔で言うのは詐欺にも等しいと思います。また全く無名の役者が素人の振りをして△△△が効いたみたいに言うのもどこか納得できません。「本当に飲んでるの?」と突っ込みたくなります。中高年は健康診断であちこち指摘されたりして何かにすがるように医薬品や健康食品に頼りがちです。CMに毒されない意識が重要と思います。

▲PAGE TOP


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。