スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

高速道路休日1000円

 GWは高速道路の休日上限1000円の影響で各地で大渋滞のようです。私も先日、大津から名古屋まで行ってきました。ところが名古屋でETCカードを財布ごと落としてしまうという大失態をしでかしてしまいました。せっかくのチャンスを逃して帰りは国道1号線をゆっくりと戻りました。高速道路に車が流れて一般道は空いているのではという希望も空しく全体の車の量が増えていたのか大変混雑していました。
 さてさて休日は渋滞で低速道路になってしまう高速道路。何のための上限1000円なのかとあらためて疑問に感じました。

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

名人戦開幕

 羽生さんと郷田さんの名人戦が始まりました。大山名人のタイトル獲得回数80回にあと8回と迫っている羽生さんです。超人と言われた大山さんの大記録をこの3年以内には抜き去るかと思います。大山さんの全盛期には誰も及ばないと言われた大記録でしたが、羽生さんにとっては通過点かもしれません。
 さて第一局の対局中にフリーの記者がサインを求めたというハプニングがありました。気持ちはわかるのですが・・・。問題の記者は「羽生さんの手番とは思わなかったので」とコメント。ええっ~!郷田さんの手番でもだめでしょう?将棋を知らない記者を対局室に入れたとしか思えない出来事でした。それにしても平然とサインをした羽生さんはさすがです。

▲PAGE TOP

見たまま感じたまま

 ある人が俳句について「いい俳句を読もうと思わず、見たまま感じたままをそのまま表現すればいい」と言っています。
 綾小路きみまろ氏の中高年の悲哀をネタにした自虐的な漫談が人気ですが、同氏は現実をズバリ指摘することで笑いが生まれると語っています。また私は原田泰治氏の日本の風景を描いたほのぼのとした絵の大ファンなんですが同氏は細かい所までありのままをそのままに描いていると話しています。例えば駄菓子屋の店先の風景では飴玉の一つ一つをそのまま描くらしい。
 俳句も絵画も漫談も<みたまま感じたまま>がよろしいかと思います。

▲PAGE TOP

歴女ブーム

 若い女性の間で武士語が流行しています。女子高校生同志で「かたじけない!」とか「息災でござったか?」などと話しているらしい。戦国武将も大変な人気でグッズの売り上げが伸びています。甲冑姿での結婚式を挙げるカップルも多いとのこと。
 女性に人気のベスト3は伊達政宗、真田幸村、上杉謙信らしい。TVや映画でイケメン俳優が演じるためにそのイメージが定着した影響でしょう。例えば源義経は本当は男前ではなかったという説もあるようです。
 さて現代の女性が戦国武将に憧れる背景は現代の男性が女性化して男らしい男が少なくなったことも要因になっているようです。さらに日本の社会全体に対する強烈なメッセージのようにも思います。
 武士道に見られる<正義感><潔癖さ><男の美学>などが昨今のリーダーに欠落しているためではないかと。

▲PAGE TOP

新型インフルエンザ対策

 4月から始まった世界中に広まりつつある新型インフルエンザ。日本では水際で防御する体制を続けてきましたが、いよいよ国内での感染も広がりそうな気配です。これまで国内感染を水際で防止してきた厚生労働省はとりあえず評価されてもいいのではないかと思います。
 年金問題その他で地に落ちていた国民の信頼を多少取り戻したのかもしれません。しかし、鎖国をしない限り、感染拡大は時間の問題と思われます。
 日本としては国内に感染者が入り込まなければいいという考え方ではなく予防ワクチンや治療薬の開発で世界に貢献すべきと思います。
 かつて武士は特権階級でありました。平和な時期には暇にしていても禄がもらえる存在でした。ただし、いざという時には命をかけてお国のために戦う覚悟があったわけです。新型インフルエンザの対応はまさにお国の一大事ですから国民のために頑張って欲しいと思います。

▲PAGE TOP

腰痛対策

 普段の姿勢(あぐら?)が悪いことや運動不足が根本的な原因と思うのですが、断続的な腰痛に悩まされています。数年前まではつい油断して<急に重い物を持ったり><朝、ストレッチ体操の前に歯磨きとか靴下を履くとか><準備運動が不十分のままゴルフの練習を開始するとか>明確な原因がありました。
 ここ最近の特徴は毎朝欠かさずにストレッチ体操と腹筋背筋を鍛えているにもかかわらず発生することです。今回は何と!ストレッチ体操の最中に起き上がろうとしてギクッときました。笑えない悲劇なのです。ストレッチの前に入念にゆっくりとウオーミングアップをするように対策を考えています。

▲PAGE TOP

ゆっくりと食事をすること

 最近、自分が<せっかち>になってきたように感じています。関西弁に変換しますと<イラチ>です。ゆっくりと食べることが健康に良いとわかっていても年とともに食べる速度が速くなってきました。
 速く食べると満足感がなくて食べ過ぎたり、食後に甘い物に手が伸びる傾向にあります。(満足感がないのは高血圧対策で塩分控えめにしていることも一因ですが)
 そんな折、テレビで高齢者の長寿の秘訣として<30回噛んで食べる>とありました。すぐに実践してみますとその効果が実感できました。ゆっくり30回噛んでいますと満腹感が早く得られて少食になります。
 現実には出勤前の慌しい朝食やビジネス街の昼食では実行が難しいかもしれませんが、日頃から心掛けて食事をすれば絶対に健康になれるように思います。腰痛も食事も<ゆっくり>がキーワードです。

▲PAGE TOP

有馬温泉

 先日、道後温泉、白浜温泉とともに日本3古湯の一つと言われる関西も奥座敷有馬温泉に行ってきました。私の有馬のイメージはギンギンの立派な温泉旅館が立ち並ぶ観光地でしたが、今回は太閤の湯殿館が印象的でした。
 有馬温泉には太閤秀吉の前にも在原業平、藤原道長など多くの著名人文人が湯治に足を運んだと言われています。そして太閤秀吉が没した後、この湯殿は400年もの間埋もれていたのが1995年の阪神大震災の後に発見されたということでした。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。