スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

アマチュア棋士秋山正雄さん死去

 東海市在住の秋山正雄さんが今年の2月に亡くなられました。先月、奥様からの電話連絡で知りました。実は奥様も丁度同じ時期に入院されておられ、つい最近退院されたとお聞きしました。
 秋山さんと私は将棋部のメンバーとして名古屋の職域団体戦に何度か出場いたしました。秋山さんは若い頃に新聞社主催のアマチュア将棋大会で優勝してそのご褒美に東京で大山名人に直々に指導将棋を受けたという素晴らしいエピソードがあります。そんな圧倒的強さの秋山さんですから、団体戦のメンバーの中ではもちろん主将格でした。
 そして団体戦の作戦上(主将はMさん、私は5番)副将として出場し、1勝を確保する重要な役割でした。ところが秋山さんは序盤で絶対有な局面を作りながら、持ち時間をたっぷり余らせて一番最初に投了してしまって手持ち無沙汰にされている光景が印象に残っています。後で聞いてみますと<すっかり有利に展開して油断して大ポカした>とおっしゃっていました。何とも升田先生を思わせる秋山さんでした。
 さて、秋山さんは古い詰将棋パラダイスの会員であり、故鶴田諸兄氏とも面識があったようです。裏表紙の編集日誌に秋山さんの名前が時折見られました。
 私が詰将棋の大ファンで、詰将棋収集家でもあることをお話しましたら、詰将棋収集家には喉から手が出るほどの貴重な詰将棋書(創刊当時の詰将棋パラダイスなど)をポンと約100冊ほど頂きました。もちろん今も大切にしています。
 また、私の詰将棋創作には関してはなかなか厳しいご指導を頂きました。この解けてうれしい詰将棋(当時今月の詰将棋)を開始した頃、<やさしすぎる!もっと考えさせる問題を出したらどう?懸賞問題なんだから・・・>と。またプロ棋士の作品紹介コーナーに誤植があってえらくお叱りを受けたこともありました。それだけに秋山さんに稀に<今月は好作!>と褒められた時はうれしく思いました。
 その後、秋山さんが会社を退職されてから、中田七段の駒落将棋教室にお誘いしましたが、体調がすぐれなくてご出席頂けなかったのは大変心残りです。
 秋山さんは将棋に限らず、物事に対して妥協を許さないという姿勢を貫いた方だったように思います。<自分に厳しいだけに他人にも厳しく言える>というタイプでしょう。
 いろいろと大変お世話になり本当にありがとうございました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

十和田湖と奥入瀬渓流

 30年前の学生時代の一人旅では十和田湖にも行きました。3月末というのにバスから湖畔に降りたったのは猛吹雪の中。東北の中でも春の訪れがさらに1ヶ月遅い所です。そんな季節に観光客の姿は全くなく十和田湖を見たという思い出もありません。記憶にあるのは宿泊の予約なしでなんとか旅館に滑り込み凍え死にしなくてよかったという思いです。
 今回、真夏の暑い日に来たのですが、標高が高いためさすがに涼しく景観も神秘的で素晴らしいと感じました。明治時代の文人大町桂月は四国の高知生まれながら、十和田湖、奥入瀬渓流、そして温泉等々が大いに気に入りこの地に移り住んだという話は私にはよく理解できます。

▲PAGE TOP

教員採用不祥事

 大分県の教員採用に関して逮捕者まで出るという不祥事が発生しています。
裏口入学という話は昔からありましたが、裏口就職なのでしょう。贈収賄は醜い行為であり、許されないことですが、そのために情熱を持って教師としてスタートした人間を辞めさせることも問題となっています。(賄賂を使っても教師になりたいという強い気持ちがあったとしたら、それは尊重すべき?)
 そもそも、筆記試験の上位の人を採用するという基準が間違っているように思います。学力はある程度必要でしょうが、それよりも日本の将来を思う心とか、教育に対する情熱とか、教師に向いている性格かどうかという判断基準は教員採用に関してはないのでしょうか?学力よりも指導力とか人間力を基準として採用すべきかと思います。
 モンスターペアレンツが横行しているようですが、モンスターに負けない強いリーダーシップを発揮できる教員集団を作り上げるべきと思います。
 <教師は就職先として安定して収入がいいから>という理由で、希望する人には教師になってほしくありません。今回の贈収賄という行為が地方の厳しい就職難の時代を反映して<安定して収入がいいから>という感覚が根底にあると報道されていますが、就職先としてではなく人生観とか使命感で教師という職業を選んでほしいと思います。教師が聖職であった時代を取り戻すべきでしょう。

▲PAGE TOP

東京都品川区の教育改革

 TVの報道番組で見ました。品川区の教育長がリーダーシップを発揮して教育改革を強烈に進めているらしい。公立の小中一貫教育を設立して押されぎみであった私立に対抗できる公立の教育を確立しようというものです。総じて生徒や父兄には評判がいいようです。
 しかしながら、現場の教師の皆さんは大変な思いをしているように聞こえています。その声は<改革は痛みを伴うもの>と一蹴されているようです。
 この改革が正しいのかどうかわかりませんが、何やら危ういものを感じます。それは消費者に迎合することが必ずしも正しいとは言えない、という視点です。
 要するに、教育に関する消費者(ここでいう父兄)は自分の子供の進路についての要望を強く持っていると思いますが、その要望が社会全体にとって正しいかどうか。
 他の業界でも、消費者がそれぞれ身勝手な行動を取ったために徐々に消費者全体の首を絞める結果になっている例が多いのではないでしょうか?
 また、企業の側としても消費者の声を絶対視し、お客様第一主義を掲げてゆがんだ顧客優先をしている例もあるようです。経営者は消費者の声に耳を傾けつつもまずはそこで働く人々の幸せを考えるべきを思います。
 そういう意味で、現場の教師の<ゆとり>を奪う方向性は教育という本来の意味にマイナス面が多いのではないかと疑問に思う訳です。

▲PAGE TOP

羽生さんの竜王戦

 羽生さんが木村一基八段と竜王戦の挑戦者決定3番勝負中です。挑戦者となって渡辺竜王を破れば初の永世竜王となり、併せて前人未踏の永世七冠を達成します。渡辺竜王としても5連覇することで永世竜王がかかっており、興味津々です。しかし、最近の羽生さんは永世竜王への執念を感じさせます。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。