スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

フレッシュマンE君との秘湯道中記

 この4月に社会人となったE君が秋田で3週間実習することになり、私が教育係になりました。年の差30才、息子よりも若いE君と寝食を共にするつもりは当初なかったのですが、<E君は埼玉出身で親戚縁者も友人も秋田にはいない>そして<3週間のホテル住まい>、<土日は予定なし>という事情もあって、1泊の秘湯温泉ツアーを始め、最終日は我が家に宿泊するなどまさに仕事上の実習とともに単身サラリーマンの悲哀生活を目の当たりにして実習を終えました。
 秘湯ツアーは角館の武家屋敷を一周して乳頭温泉鶴の湯、玉川温泉、そして宿泊は地熱を利用したオンドル式の湯治小屋で有名な後生掛温泉。大部屋の素泊まり1800円。大勢の湯治客がウロウロする大部屋に入った瞬間、彼は一瞬、凍りついた表情を見せました。「えっここで寝るの?」そこで私はアメリカンフットボールをやっていたという彼に質問。「合宿よりマシだろ?」E君答えて曰く「合宿のほうがマシ。」と。
 さらに、夕飯は私の自炊生活をそのまま湯治場に持ち込んでの食事。定番のカレーライスにポテトサラダ。居酒屋でアルバイトをしていた彼は私よりも段取りがうまく助かりました。
 <温泉は飲んで食べてではなく、自炊しながらの湯治が基本>を骨身に染みて感じたのではないかと思います。
 2人でビールを飲みながら<周囲に迷惑がかかるから、食べ終わったら静かに眠るほかないね>と小声で話していると。若者が2人?(私も若い方)が湯治客として自炊しているのが珍しいのか、「お兄ちゃん達いくつ?」「兄弟?」「内の孫と同じぐらいかい?」などとあちこちから話かけられ、「ツマミにスルメ食うか?」「今日採ってきたタケノコどうや?」などと差し入れを下さるのでした。昔、ユースホステルに若者が宿泊して若者同志の交流がありましたが、オンドルの大部屋はまさに<年配者の社交場>になっていました。宿泊客同志の暖かい交流が感じられました。
 ご夫婦で長期滞在している人も多いのですが、1人客も多く、対面の男性(西村京太郎ファン)は明日旅立ち。隣の男性は今夜から1週間の滞在とおっしゃっていました。奥さんはどうされているのだろう?夫婦仲が悪いのかな?などと余分な詮索をしてしまうのですが、山菜採り、山登り、一人で過ごす湯治の時間。自分だけの時間を過ごす最高の贅沢。自炊の楽しみ。湯治客との交流。楽しみ方は千差万別なのでしょう。
 翌朝、早朝でほとんどお客さんがいない「ふけの湯」、「大深温泉」を満喫いたしました。E君は今回の秘湯ツアーで大自然を感じる「ふけの湯」の露天風呂が一番気に入った様子でした。なお、ふけの湯は旅館のみで自炊はできません。大深温泉は自炊のみです。大深温泉のオンドル大部屋もなかなかの風情でありました。「E君。この次はここに泊まりに来ようか?」「僕はいいです。」
 さてさて、彼の長所はイエス、ノーをはっきり言えるということと感じました。現代っ子の気質を思えば本当は親父ほどの会社の先輩と休日まで付き合うなど御免・・・・ましてや、えっ?温泉?と思っていたかも。そして私が土日まで付き合って上げたのではなく、彼に私が付き合ってくれたというのが本当の所でしょうか。それでも彼の性格がイエス、ノーをはっきり表現できることでお互いに余分な気を使うことなく付き合えたように感じました。

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

めまいも頭痛も病気じゃない?

 昨年5月号の随想にて、数年前に頭痛が続いたあと強烈な目まいに襲われた経験談を書きました。今回、同じように偏頭痛が続いていたので不安に思っていた所、ゴルフの途中で目まいに襲われリタイヤ、翌日は起きていられないほどの目まいと吐き気に襲われました。病院の検査結果では異常なしでしたが、仕事上のストレスが首や肩の凝りとなり、血行が悪くなって頭痛や目まいを誘発しているようです。
 薬を乱発する医者が多いご時世ですが、担当医師は薬は極力飲まない方がいいという方針でなかなかの名医と尊敬しています。
 メンタルヘルスにも通院してしばらく自宅療養することとなりました。あちこちに多大なご迷惑をかけていますが、深刻にならない早めの手当てはおそらく正解だったと思います。

▲PAGE TOP

電話もFAXもない宿

 岩手県に「苫屋」という民宿があります。この民宿には電話もFAXもインターネットもありません。宿泊予約の唯一の手段は<ハガキ>らしい。予約のハガキを出すと予約OKの返事が届きます。もちろん宣伝もCMもやりませんから、お客様は口コミなのでしょう。世界各国を旅したご夫妻が自作の食材を創作料理として振舞うらしい。現代社会を徹底的に逆行するのも一つのポリシーと感じます。
 しかしながら、直前の予約取消はどうするのでしょうか?その対策としてご主人に携帯電話をこっそりプレゼントしますか?

▲PAGE TOP

竿灯祭りのムードが高まります

 秋田市内のあちこちからピーヒャラドンドン・・・と笛と太鼓の音が響き渡る季節になりました。秋田の夏の風物詩の竿灯祭りの練習が各地で始まり、祭りの雰囲気が徐々に高まっていきます。
 まさに、夏を感じる瞬間ではありますが、同時に秋の近いことも感じます。

▲PAGE TOP

おかげさまで解答者数、6月号新記録達成

 おかげさまで解けてうれしい詰将棋の解答者数が、6月号にて41名と新記録を伸ばしました。開始当初からの会員で6月に最近初めてご解答下さったNさん、数年のブランクの後に復活されたFさん、インターネットでの解答を毎月頂く皆様、ありがとうございます。詰将棋を作る側から申しますと、ご解答頂くことが創作の大いに励みになります。
 7月号の新コーナー(詰か必死か)の解答者は12名様でしたが、20名様程度になりましたら懸賞出題という形式にしたいと思います。1題でも解けましたらご解答頂ければと存じます。今後とも何卒よろしくお願いします。

▲PAGE TOP

羽生十九世名人誕生

 先月、羽生さんが名人戦で森内名人を破り、名人位を通算5期在位となり永世名人の資格を獲得しました。一時、谷川さんを追い抜いて大山、中原、の次に永世名人になるかと思えた時期もあっただけに羽生ファンには<お待たせしました>という雰囲気です。
 昨年誕生の森内十八世名人に続く、2年連続の永世名人誕生。「永世名人は10年20年に1人」と言われるだけに同世代の羽生さん、森内さん、佐藤康光さんの活躍はライバル同志の切磋琢磨の結晶かと思います。そして羽生さんは永世竜王まであと1期と迫っており、永世7冠も射程距離でしょう。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。