スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

奥州藤原氏三代の栄華

 先月、桜の時期、名古屋のMさんがご友人Nさんと岩手県宮城県を旅行されました。そこで平泉にて合流して厳美渓温泉にて1泊ご一緒させてもらいました。お二人とも70才を越えてますますお元気でシニアライフを満喫されています。そしてお二人のお付き合いはかれこれ50年を越えるとのことでした。
 さて、平泉の中尊寺金色堂は奥州藤原氏清衡、基衡、秀衡3代の栄華を今に伝えるにふさわしくまさに豪華絢爛でした。
 中尊寺から約1km南には毛越寺(もうつうじ)があります。大泉が池が宇治の平等院の雰囲気と似ていると直感しました。そしてその東北500mには無量光院跡があります。無量光院は3代秀衡が京都宇治の平等院鳳凰堂を模して建立したと言われていますが、今は建物はなく遺跡のみが残っています。
 京都宇治の平等院鳳凰堂は、藤原の藤原頼通が1052年に建立したと言われていますが、3代秀衡の12世紀は京都に対抗する勢力として奥州平泉の全盛期だったのでしょう。
 4代泰衡は、頼朝の圧力に屈してかくまっていた源義経を自害させますが、その泰衡も頼朝に滅ぼされて奥州藤原氏は滅亡します。東北地方では唯一歴史の最前線に立った奥州藤原三代を象徴する平泉中尊寺は東北一の名刹のように感じました。

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

詰か必死か

 「必死」は「詰将棋」よりもさらにマニアックな世界かと思います。私は必死問題も結構好きです。ただ必死問題を創作するレベルには棋力が至らず、解くこと専門です。
 詰将棋の1手詰と比較しますと必死問題は「一手必死」と言えども長手数の詰を読まなければならないなど奥が深く難しいです。しかし、「一手必死」と明示された出題は王手以外の手に限られますのでヒントが強すぎます。そこで将棋世界の付録「内藤國雄の一手三手必死」では一手必死と三手必死が順不同で出題されています。
 さて、「詰将棋」か「必死」か明示せずに出題する「詰か必死か」という出題形式は最高に実戦的かと思いますがいかがでしょうか?

▲PAGE TOP

塩分なしの生活

 高血圧対策として<醤油><ソース><マヨネーズ>を一切使わない食事を心がけています。ふと思い出したことですが、40年以上前の小学生の時に腎臓が悪いと診断され、ほぼ1年間塩分なし、タンパク質なしの食事を余儀なくされたことがありました。当時、食事制限もさることながら野球少年だった私には運動制限の方がつらい思い出です。
 少し体がむくんでいる程度で自覚症がほとんどなく、尿にタンパクが出ていただけでした。とにかく水分を多くとるように言われてスイカばかり食べていました。長い1年間でしたが両親も担任の教師も医者もいろいろと心配してくれたことが記憶にあります。<病気によって他人の痛みがわかる人間になる>などと妙な励まし方もしてもらいました。
 今や、醤油をかけないオニオンスライスやマヨネーズなしのポテトサラダなどつらくもありますが、その食べ物本来の味を感じられるようになったように思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。