スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

健康について

 先月は健康特集でしたがいろいろとご意見ご感想を頂きましてありがとうございました。
<その1>貝原益軒の養生訓によりますと「老後は日々の経つのが早い。
     1日1日心を楽しくして過ごしべし」と。
<その2>佐賀のカバイバアチャンの名言「辛い話は夜するな、昼の明るい時
     に考えたら大したことないで」
<その3>健康マニアも健康オタクも不健康。三宅も不健康な健康マニアにな
     るなよ~。そして健康の秘訣<1>~<8>に追加です。
     <9>ゆっくり食事をすること
     (作るのに30分、食べるのに5分が実情です)

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

健康診断の功罪について

 ある程度の年齢になったら健康診断は受けない方がいい。という考え方があるようです。健康診断によって数値がたまたま悪いのを気にし過ぎて本当に病気になってしまうこともあるのではないでしょうか?逆に自覚症状があっても薬でその症状を取り除いてさらに放置してしまい重い病気になってしまう・・・というのはTVの健康番組のパターンです。
 自覚症状があればきっちりと治す。自覚症状がなければ健康診断など受けずにおおらかに過ごすというのがよろしいかと思います。

▲PAGE TOP

将棋と詰将棋

 詰将棋を作ることは将棋の強さとは別の力なのですが一般には<詰将棋を作るのが趣味>とお話しますと「将棋が相当強い」と勘違いされてしまうようです。そこで「将棋を指すと本当に弱いんです。」と言いますと「謙遜しているだけでしょう。」とますます評価が高くなってしまいます。
 詰将棋は分類しますと<初級詰将棋><実戦型詰将棋><あぶり出し詰将棋><趣向詰><大道詰将棋>などがありますが、私は<初級詰将棋>が得意分野であります。
 初級詰将棋がきっかけで<将棋ファン><詰将棋ファン>が増えたらいいなと常々思っています。また子供の頃には将棋を指したけど今は全く・・・という人が復活してくれることも楽しみであります。さらに将棋ファンの中には将棋は強いが詰将棋は嫌いという人も多いようです。そんな人がやさしい詰将棋で詰将棋好きになってほしいというのも私の願いです。
 私は将棋を指すと本当に弱いんです。でも将棋も好きなんです。

▲PAGE TOP

年末年始

 年末年始は秋田で一人で過ごしました。飛行機嫌いですので新幹線<こまち><のぞみ>で乗り継ぎで6時間半かけて滋賀県まで帰るのですが、混雑が予想されることと長時間の乗車は腰痛にも苦痛というのが主な理由でした。寝台特急日本海で12時間というのも一案です。しかし冬場は雪や風の影響で時々大幅に遅れたりしているようです。
 寒波襲来で外は吹雪、TVもなく、一人で過ごすというのは何とも哀愁が漂うものです。ラジオで北山たけしの「男鹿半島」を聞きながら遠くから故郷を思うのもまたいい経験でしょう。《寒波来て炬燵で一人詰将棋》

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。