スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

健康は食べ物から

 今月も健康問題からスタートします。(また健康オタクと叱られそうですが・・)私は風邪を引いても薬を飲まずに治すタイプです。薬については副作用の弊害が言われています。
 また<サプリメント>と聞くと何か不自然なものを感じます。「〇〇を飲むようになって体調がいい」などという話は信じられません。生活習慣を改めずに手軽に健康を手に入れるという考え方に間違いがあるように思います。本来、必要な栄養素は食品から取るべきでしょう。
 最近は「特定保健用食品」などという名称で薬ではないのに効能をアピールした食品が評判です。「血圧が高めの方に」とか「血糖値が気になる方に」とか「疲れた肝臓に」とか薬ではないのでスーパーなどで気軽に買えます。
 ある食品業界の方の次の言葉が印象的です。<体に悪い食べ物はない>

スポンサーサイト

▲PAGE TOP

<未病>と<対処療法>

 最近は<病気でないこと>=<健康>とは言えないと言われています。単に病気でないことは真に健康とは言えないという考え方らしい。
 また<未病>という言葉もよく耳にするようになりました。今現在は病気でなくても近い将来に病気になる可能性があることを予測し、それを予防するために生活習慣を改めることが<未病>の考え方の根本であると考えます。
 子供の頃から病気を治すこととは薬を飲んで症状を緩和することという対処療法が固定観念として長い間に染みついてしまったように思います。
 また<病院に行く>という時点で<自分で治す>という考え方ではなくて<病気を医者に治してもらう>という受け身的な姿勢があったように思います。
 <未病>は積極的姿勢、<対処療法>は受身的姿勢のように思うのですがいかがでしょうか。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。